立禅 站樁功 気功

立禅はいいな

立禅は気持いい。立禅がこんなに気持ちよくて楽しいなんて思いもよらないことでした。:立禅はいいな


スポンサーリンク

立禅

立禅 站樁功
立禅とは気功でいう站樁功と同じものです。
ただ立つ。一定の姿勢を保持して立ち続ける修練です。
体中の力を抜いて、全身を緩めて立ち続けることが秘訣です。
ゆったりとふわっと立つ感じで、どこにも力を入れない、どこも緊張させないような感じです。
体を緩めるというのは、はじめのうちは分からないと思います。
ですから、最初は力を抜く、余分な力は入れないという意識で進めるのが妥当でしょう。
体を緩めて、気を感じて立っている感じが良いです。
とにかく気持ちいい範囲で行って、少しずつ時間を伸ばすようにするのが良いでしょう。
とくに、独習の人は頑張りすぎると長続きしないでしょうから、気持ちいい感覚を大切な指針として進めるようにしましょう。
体を緩めるというのが解ってくると、気を感じ始めるかもしれませんね。
力を抜くと体を緩めるは同じではありませんが、不要な力を抜くことは大切です。
そして、身体の緩みを意識していると、だんだん気持ちよさを感じられると思います。
全身を緩めるというのはそれほど簡単なことではありませんから、途中試行錯誤が必要かもしれません。
ですが、全身の緩みを意識して立ち続けていると、少しずつでも緩みを実感できると思います。
この緩みの感覚と気感は同じような気もします。
若干辛い姿勢(中腰)で立ち続けているのは苦しいというイメージが有ると思いますが、実際にはそうでもないです。
というか、普通に立っているだけでも、同じ姿勢を保持できる人は皆無でしょう。
数分おきに体制を変えて足の負担を軽減しているはずですね、これは無意識に行っているはずです。
それを、意識的に一定の姿勢を保ち続けるのですから、辛く苦しい修練で当たり前なんです。
ところが、この辛い立禅を数日行ってみると、何か気持ちよくなってくるんです。
不思議なんです。
苦痛を我慢できる幅が広がっているのかもしれませんが、その苦痛の感覚が気持ちいい感じに変化するようにも思えます。
とにかく、何か気持ちいい。立禅をやりた。立ちたいと思えてしまうんですね。
立禅開始日:2017年7月13日


スポンサーリンク


立禅はいいな「新着情報」

立禅継続のコツ

立禅継続のコツといっても昔から言われていることでしかない。 気持ちよく立つ細かいことは気にしない効果を期待はしない【気持ちよく立つ】まずは、大前提として、毎日気持ちよく実行すること。 「気持ちいい」ことを「気持ちいい」だけ行なうだけ。 これ・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

立禅を続けて

立禅を続けてきて思うことは、いいときもあれば悪いときもある、以前となにも変わらない。 だけど、立禅を続けたい。 そんな感じですかね?。 そう書いたけど、先人がたが言っているように、以前年中行事のように身体の痛いところが断続的にあったのが、今・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

立禅 三年継続

立禅を三年継続しました。 いつの間にか三年超えた感じです。 あまり、大きな変化も感じませんし、とくに健康になったとかもないように思います。 ただ、立禅を始めて数ヶ月後から、体調不良で休むことがなくなったように思う。 よく覚えていないが、最近・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

立禅とスワイショウはいい

本当に立禅とスワイショウは気持ちいいんです。 実修の基準として「気持ちいい」こととしているからでしょうか? 本当に気持ちいい、毎日やりたいと思えてしまいます。 何度も書いてますが、こんなふうに思える功法は初めてです。 本当にいろいろなものを・・・
  ≫ ≫ 続きを見る